SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法

!cid_EFFED6D0-ED5C-4C66-A50B-59E4CF6673E8.jpg

タイトルWHAT'S NEW

いよいよ2020年の通常国会がはじまりました。新しい年は日本にどんな変化をもたらすのでしょうか。数日前まで滞在したスペインなどヨーロッパ諸国は新自由主義の広がりで格差は拡大、国民の不安と不満は政治変革への道筋を示す政治勢力への支持を高めています。グローバリズムが世界を歪め、それに抗する闘いが高まるのは必然です。そこに人間の意思があるのですから。

ひるがえって日本。戦後最悪の安倍政権が続いて8年目に入りました。政治と社会の劣化には眼を覆うものがあります。格差は拡大、固定化し、排外主義が横行する「壊れた国」になってしまいました。私の重要なテーマである拉致問題も、政府のアプローチの誤りによって、まったく解決には向かいません。沖縄問題もしかりです。ヘイトスピーチについては解消法の不充分さを、現場の闘いが補う形で、たとえば川崎市では画期的な罰則付き条例が成立し、多くの市民に励ましを与えました。反動の時代に抗する大きな成果です。

国会での仕事も10年目に入りました。痛感するのは、もういちど政権交代を実現しなければならないことです。政党間の共闘の在り方は流動的ですが、その姿は多様であっていいと思っています。新しい政権が生まれれば、沖縄の辺野古新基地建設の工事はただちに中止できます。政権交代は沖縄県連代表としての責務でもあります。ここ数年以内に実現させなければなりません。

一年、一年と繰り返す間に親しいあるいは知己ある人たちが、まるで「ひょい」とこの世から去っていきます。人生は予想もできない進み方をするものです。悔いない時間を豊かに過ごしていきましょう。年初のご挨拶にブレイディみかこさんの言葉をお贈りします。平和や環境などの課題ももちろん大切ですが、いまの政治にもっとも必要なことは、安心して暮らせる社会保障制度の実現であり、経済、景気対策です。

ミクロ(地べた)をマクロ(政治)に持ち込め
 (『THIS IS JAPAN 英国保育士が見た日本』)

                              2020年1月20日  有田芳生

【セミナー延期のお知らせ】
3月14日(土)に開催を予定していた琉球・沖縄セミナーの第2回は、新型肺炎の影響により延期とさせていただきます。延期の日程については改めてご案内いたしますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

第3期セミナー新聞広告.jpg

【沖縄県議選候補者募集】

立憲民主党沖縄県連合は来年6月に行われる県議選挙の候補者を公募します。志望動機(800字程度)と経歴書をメール、または郵便でお送りください。対象の選挙区は沖縄市区、宜野湾市区、浦添市区、うるま市区、国頭郡区、島尻・南城市区です。
<送り先>
okinawa.cdp@gmail.com
〒900-0021 那覇市泉崎2-3-20 立憲民主党沖縄県連合まで

siisaa01_nirami_irousume.jpg

2020年4月1日(水)

  • 韓国取材2.jpg
  • 韓国のSBSテレビの取材を受けました。テーマは宗教法人法です。その問題関心は、韓国の新天地という宗教団体から新型コロナに感染した信者が大量にでたことがきっかけです。
  • 韓国取材1.jpg
  • 【SBS「それが知りたい」】
  • 放送日時:2020年4月11日(土)23:00〜(60分)
  • ※韓国での放送です。日本国内で視聴する場合はSBSウェブサイトより会員登録(無料)が必要になります。
  • ⇒⇒⇒SBSテレビ

2020年3月24日(火)

  • 法務委員会で質問しました。「公人はヘイトクライムに立ち向かう責任がある」をテーマに、川崎市「ふれあい館」や横浜中華街などをターゲットにしたヘイトクライム、ヘイトスピーチに対して、公人がメッセージを出す重要性を指摘しました。
  • DSC02572.JPG
  • 森大臣は「こうしたヘイトスピーチに対しては、断固として許さないという姿勢を法務省は貫いていこうと思います」との強い非難のコメントを出しました。
  • DSC02577.JPGDSC02557.JPGDSC02549.JPG
  • 有田芳生の質疑をご覧になりたい方は、下記の参議院インターネット審議中継アーカイブから視聴することができます。ぜひご覧ください。
  • ⇒⇒⇒参議院インターネット審議中継
  • ヘイトスピーチ許さないバナー.png

2020年3月23日(月)

  • 【あす、法務委員会で質問します】
  • あす3月24日(火)10時からの参院法務委員会で質問します。議題は、法務及び司法行政等に関する調査(法務行政の基本方針に関する件)です。有田芳生は「公人はヘイトクライムに立ち向かう責任がある」をテーマに質問します。質疑時間は10:55から25分間の予定です。質疑の開始時刻は委員会の進行状態により前後する可能性があります。
  • 参議院インターネット審議中継をぜひご覧ください。委員会散会後もアーカイブから視聴することができます。
  • ⇒⇒⇒参議院インターネット審議中継
  • タイムテーブル.jpg公人はヘイトクライムに立ち向かう責任がある.jpg

2020年3月16日(月)

  • DSC02489.JPG
  • 参院予算委員会で質疑に立ちました。議題は、委嘱審査に関する件と集中審議(現下の諸課題(新型コロナウイルス対応等))です。有田芳生は「安倍政権の『最重要課題』である拉致問題の成果と課題」をテーマに35分間、安倍総理に問いました。
  • DSC02205.JPGDSC02239.JPG
  • 安倍総理は答弁の中で、拉致問題解決は「なかなか難しいハードル」と語りました。
  • DSC02354.JPG
  • 予算委パネル1.jpg
  • 予算委パネル2.jpg
  • (⇑左の紙面は誤報です。)
  • 予算委パネル3.jpg
  • 【関連記事】
  • ⇒⇒⇒参院予算委で産経「めぐみへの手紙」紹介 首相「痛恨の極み」<産経新聞>

2020年2月22日(土)

  • DSC02102.JPG
  • 第3期琉球・沖縄セミナーの第1回を開催しました。講師はノンフィクション作家の佐野眞一さん。「私はなぜ沖縄を取材し続けるのか」をテーマにお話していただきました。取材現場での貴重なお話の数々は臨場感と説得力がありました。ありがとうございました。
  • DSC02088.JPG
  • なお、3月14日(土)の琉球・沖縄セミナー第2回は新型肺炎の影響により延期とさせていただきます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2020年2月6日(木)

2020年1月22日(水)

「50分でわかる! 立憲民主―まっとうな政治」
(弓立社新書)

有田芳生の新刊が発売されました

shinkan.png

「安倍一強」と言われる自民党政治に強い危機感を持ち、これに対抗する政党として立ち上がった立憲民主党。その考え方と日本の将来に向けた方向性を国民に広く知ってもらうための書籍です。以下にその内容の一部をご紹介します。
♢第1章私が立憲民主党にたどり着くまで(有田芳生)
♢第2章とことんインタビュー(枝野幸男代表)
♢第3章労働組合と政党・議員(江崎孝参院議員)
♢第4章若手国会議員座談会(中谷一馬衆院議員、堀越啓仁衆院議員、石川香織衆院議員、尾辻かな子衆院議員)
♢第5章自治体議員・候補者座談会(大城竜男沖縄県南城市議、東友美東京都町田市議、伊藤めぐみ兵庫県神戸市議候補予定者、成田大介青森県弘前市議候補予定者)
などなど盛りだくさんの内容です。


『50分でわかる! 立憲民主―まっとうな政治』(弓立社新書) 編著:有田芳生/価格:700円(税込)/発行:弓立社(東京都千代田区神田小川町3-10駿台中根ビル5階)

在庫僅少のため、お近くの書店にてお取り寄せをお願いします。以下のネット書店でも発売中です。

honto(ジュンク堂書店グループ)
セブンネットショッピング(セブンイレブン)
Rakutenブックス
紀伊國屋書店
ヨドバシ.コム
ロハコ
アマゾン


有田芳生著作

『ヘイトスピーチとたたかう!』

「殺せ」「出て行け」。
差別的な発言を吐き散らすレイシストとの闘い。
その第一線立つ政治家が語る、戦闘的民主主義。

岩波書店より発売中。

ご購入は下記のリンクよりお願いいたします。

こちら⇒ Amazon.co.jp

【有田芳生「37万票」の意味】

岩見隆夫さん(毎日新聞論説委員・故人)のコラム「近聞遠見」(2010.7.17)を紹介いたします。

ダウンロードはこちら⇒「37万票」の意味.pdf
「37万票」の意味.jpg

【サザンオールスターズ広告特集】

朝日新聞(2013.8.7)に掲載された、サザンオールスターズの広告特集から。コンサート会場でも配布されました。

ダウンロードはこちら⇒サザン広告.pdf
サザン広告.jpg

【有田芳生2016年活動報告】
ダウンロードはこちら⇒活動報告書オモテ.pdf活動報告書ウラ.pdf

0001.jpg

line_1p.gif

タイトル NOW

後援会・サポーターズページへリンク後援会・サポーターズページへリンク

ご覧になりたい項目をクリックしてください▲

Archiveへリンク

有田芳生プロフィール

有田芳生(ありたよしふ)
1952年京都市生まれ。参議院議員、ジャーナリスト。
2007 年まで日本テレビ系「ザ・ワイド」に出演。著書に『私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実』(文春文庫)、『「コメント力」を鍛える』(NHK出版 生活人新書)など。
2010年参議院議員初当選(現在2期目)。

所属委員会・役職

参議院 法務委員会(野党筆頭理事)/北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(野党筆頭理事)/政治倫理審査会(委員)
党副幹事長(特命)/党沖縄県連合代表

主な著書



ヘイトスピーチとたたかう
2014年
ヘイトスピーチと
たたかう!
(岩波書店)
→Amazon へ




hatespeech.jpg
2014年
ヘイト・
ピーチを
許しては
いけない
(新幹社)
→Amazon へ




闘争記
2010年
闘争記
(教育史料出版会)
→Amazon へ





メディアに心を蝕まれる子どもたち
2008年
メディアに
心を蝕まれる
子どもたち
(角川SSC新書)
→Amazon へ




「コメント力」
2002年
「コメント力」
を鍛える
(生活人新書)
→生活人新書へ





酔醒漫録
2000~2005年
酔醒漫録
〈1〉~〈4〉
(にんげん出版)
→Amazon へ




私の家は山の向こう
2005年
私の家は
山の向こう
- テレサ・テン
十年目の真実
(文春文庫)
→Amazon へ




歌屋 都はるみ
1997年
歌屋 都はるみ
(文春文庫)
→文春文庫へ







参議院議員
有田芳生事務所
〒100-8962 
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館416号室
TEL:03-6550-0416
FAX:03-6551-0416